☆アルパカンドリーム☆

日本でアメリカ人女性(アルパカさん)と国際結婚した日本男児、ワタクシ粒太(つぶた)が国際的な生活をシェアしていきます。 徒然なるままに、どうでもいい記事のアップもあるよ(^q^)ノ

完璧な白人男性?(;゜∀゜)


こんにちは!粒太です(^^)

まだ見ぬ海外の男性に想いを寄せる、そんなアナタのためのアメリカ人男性講座。

ではどうぞ!ヽ(・∀・)






海外ってドコなの??


普段私達のいう『海外』『外国』とは、数多(あまた)ある世界中の国々ではなく、西側先進国を指す場合が多いですよね。




粒太も使ってしまう事がありますが『海外では~』という表現は西側以外の国々を無視しています。

なので粒太には解(げ)せません!(使うのにね)





アメリカの男性


そんな西側先進国の、特に男性。

気になる人も多いのでは?



当ブログではアメリカ合衆国を主に話題にしていますが、アメリカ人男性のイメージとはどんなものを持っていますか?




『白人で、日本人より背が高くて、スラッとスマートで、英語が喋れて、常にレディーファーストで女性(あなた)をプリンセスの様に扱ってくれる…』



そんな男性をイメージするでしょう。
まんまハリウッドスターのイメージってトコかな。


ハリウッドのウェブサイト
www.hollywood.com
美男美女が集まってます。




ではデータで見ると??


アメリカにおける白人の比率 : 約7割
アメリカ人の平均身長 : 約176センチ
英語が喋れる : YES
レディーファースト ??





白人はそんなに多くない


アメリカ人が白人であるかどうかは『△』でしょう。




白人の割合ですが、何をもって白人と定義するのかというところで変わります。



先程のデータは全体の数値なので、住んでいる地域によっても割合は違います。

粒太の感覚としては、数値を見て『そんなに居るんだ』という感じ。




ハリウッドスター


続いてスラッとスマートかどうかですが、これは『×』。



平均身長は意外と高くは無いのです。176センチなんて日本人でもざらに居ますしね。


粒太の感覚だと、アメリカ人は日本人の様に平均に近い人がまとまっているのではなく、背の高い人もいれば、背の低い人も居るという感じ。




粒太はこんな名前に似合わず、身長が180弱と日本人の中では割と高い方。
アメリカ人の平均身長よりも高い。



でもアメリカ人社会では相手を見上げて話す事が多々あるので、平均身長は必ずしも絶対では無いんですよね。

何人か集まれば、190センチ以上の人なんてすぐ見つかるカンジ。


ちなみにここでいうスマートは和製英語で『モデルさんの様な見た目』という意味ってところでしょうか。



英語だと『頭がいい』みたいな意味になるので、英語で使うときは注意が必要。

スマートフォンとか。





しかしここでいう『スマート』を和製英語だと知らずに使ってしまっても


『頭がいい』


なんてほとんど褒め言葉なので、スマートでないヤツ程言葉の違いに気づかず喜んでくれることでしょう。(>_<)



身長ついでに体重にも触れておきたいところですが、長くなりそうなので又の機会にします。




英語=母国語


英語が喋れるかどうかは『○』。
もうYESとか書いちゃってるし。



移民の国なので例外もありますが、そりゃ自国の言葉は喋れるでしょうよ。



しかし勘違いしがちですが、
『英語が喋れる=デキるやつ』ではないというところ。



日本人で英語が喋れる人は『デキる感』を演出しやすいですが、詰まるところ…


『アメリカ人の英語=日本人の日本語』
ですからね。

デキるどころか、出来ない方が問題だわ。





以前『ジョージマサイト』というTOKIOの城島さんの番組で、日本に住む、日本をバカにした感じの外国人男性『ベヘルーズさん』という方が出演していました。



テレビなのでネタなのでしょうが、彼は…


『日本人女性なんてチョロい』




といった感じで、彼の持ってる数あるテクの一つに

『日本人女性とのデートには、英字新聞を持っていく』

というものがありました。





この設定、本当にやっているのか誰かが作ったのかはわかりませんが、粒太はこういうの(=外国人が英字新聞持ってる)とか好きな日本人女性、多そうだなとは思います。



見慣れない外国のものって新鮮だし、それを駆使している彼ってステキ!みたいな(;´д`)



でも新聞が『英語』で書かれている事が重要であって、アルファベットを使わない他の言語だとイメージ違いますよね。


例えばアラビア語

しばらく続いている中東での戦争や自爆テロなどをイメージしてしまって、オシャレ感から離れてしまいそう。



べへルーズさんはそういったとこ上手くついているわけで。





ちなみにこの番組のナレーションでは…

『俺はこの男が大嫌いだ!』

などと入っていましたが、そこは日本人男性の本音ですね(^q^)ノ






海外は レディーファーストが当たり前?な風潮は何なの。


では最後。



アメリカ人男性がレディーファーストかどうかは当然『○』ですね。

もしそれが一時の関係であれば。




女性でレディーファーストをされて不快に思う方は居ないでしょう。




アナタより先にドアを開けて、アナタを先に通してくれる。

レストランに入ったらコートを取ってくれて、座るときには椅子まで引いてくれる…





今までされたことの無い特別な扱いに、異文化のさわやかな風がアナタのハートをそっと優しくなでてくれる事でしょう(*´ω`*)?




そう。レディーファースト。

でもそれと同じ事を日本人男性にされたら…??




はいもうドン引きですよね(@_@)

『何この人下心丸見えなんですけど~!』

って感じで。



気ん持ち悪いわ。
もう話しかけないでちょうだいっ(>_<)




あちらの人には許されて、日本人には許されないことって結構あって、その辺ちょっとフェアじゃないというか、海外に夢見がちというか…。




とはいえ、するかしないかという話。

フェアかどうかという日本人男性の戯(ざ)れ言(ごと)はこの際無視しましょう。





レディーファーストありきの話で進めていくと、あなたと縁のあるアメリカ人男性は、ドアを開けてくれる等、先に書いた事は一通りしてくれるはずですよ。

そう、一時の関係なら。






最初の頃の関係がずっと続くという人は居ませんね。

結婚してからの夫婦間には、家庭内暴力や離婚といった問題も。





アメリカと日本を比較した場合に、これらの件数(発生率)は段違いです。



計測方法や自己申告で全く正確というわけではないですが。

でも粒太の周りでは、離婚についてはアメリカの知り合いの方が確実に多いですね。



常にレディーファーストで女性を気づかってくれる男性ばかりであるならば、こんな結果にはなりません。



あなたをプリンセスの様に扱ってくれる空想上の優しいあのお方。

付き合いが長くなるにつれ、変わってしまったりしまわなかったり。






少なくとも、ずっとレディーファーストが続くかどうかは期待しない方が『スマート』ですね!(^q^)













☆目指せ明日のホワイトカラー!☆