☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

チーズ2

こんにちは!粒太です(^^)
チーズほぼ無視の前半戦『チーズ1』の続きです。

ではどうぞ!ヽ(・∀・)






★演技だから…(;´д`)


シャーロットさんの出演していたチーズのCM。
そのCMの中で、シャーロットさんの


『私がアメリカで食べていたのはこれえッッッ!!』


といったセリフ。
それを見て、


『ほう…アメリカ人の絶賛するアメリカのチーズとやらを食べてみようかのう…』


なんて思っちゃう人にはまさにうってつけのチーズなんでしょう。



しかし数多のチーズ道を渡り歩いてきた(超好きなだけ)アルパカさんは違います。



そのチーズはアルパカさんもアメリカにいた頃に食べた事があり、すでに知っていたのだそう。

ですが。ですがですが…アルパカさんの口には全っっ然合わないらしく、アルパカさんは



『この女の言ってる事はウソです!ウソつき!』



と超憤慨(ふんがい)。笑




チーズの好みは人それぞれなので、何が正しいか、何がウソなのかというものはありません。


でも、少なくとも日本人とアメリカ人のチーズの感覚には全然違う。

大きな隔たりがあると粒太は感じています。






★マジでニオイだけで充分


というのも、粒太はチーズが好きでした。
そう…アメリカ人とチーズを食べるまでは。


今は日本語ではチーズが『好き』と言いますが、英語では『嫌い』と言っています。




同じ人間なのにナゼ?
二枚舌といいますか、英語喋ると気取り出すといいますか…(;´д`)



これこそがチーズの感覚の隔たり。

日本で一般的に使われているチーズとアメリカ人が使うチーズは別物なのです。


別物、というよりアメリカの方が種類が多いと言った方が正解かな。西洋から来たものだしね。




粒太はピザが好きで、自分で作る時はチーズを沢山乗せて作っていました。



日本のスーパーでピザ用として売られているチーズは臭みがあまりありません。他のチーズも大体そう。
そしてとってもおいしい(^^)




対してアメリカ人の好きなチーズはかなり臭みの強いものが沢山。
粒太はこのニオイが苦手。でもアルパカさんはこのニオイが大好き。

向こうの食卓でも、やべぇニオイのやつが出てきます。




さすがにアメリカでもピザに関してはそこまでニオイの強いチーズは使われていません。


が、他のチーズを使った料理のせいで、粒太の中では今まで『好き』だと思っていたチーズが『嫌い』にシフト。


もうアメリカ人に『チーズが好き』なんて言えません。




よって、日本語ではチーズが『好き』、英語では『嫌い』となってしまったのでした。





『臭いけれど美味しい!?』All aboutまとめ
allabout.co.jp
け、結構です(・∀・;)…。





★勝手に日本代表


先のCMのチーズも、きっと日本人の口に合うような、臭みの少ない美味しいチーズなんだろうなきっと。

食べた事は無いですが。



ちなみにこのチーズの回でいう日本人とは、粒太個人。



今読んでいるアナタの事ではありません。
以前日本人の友人達の集まりで、チーズが好きかどうかを聞いた事があります。



当然みんなチーズが『好き』と答えるのですが、そこは日本のチーズしか知らない井の中の蛙達。



西洋のチーズを知らないからそんな事が言えるのです。



粒太にもそんな時代があったかなあ…と遠い目をしながら教えてあげました。

アメリカ人の食卓で食べられているチーズの事を。
すると…




友人達『ブルーチーズ?おいしいよね。大好きだわ!』

て知ってるんかい(°∀°)!



ブルーチーズ以外にも色んなチーズの名前が出るわ出るわ…皆さん結構好きなのね。

粒太以外は酒飲みだからかも。



その場に居たのは全部で7人。
その内チーズ好きは6人、チーズ嫌いは1人(もちろん粒太)。


もうこれは『日本人=チーズ好き』と言い切ってもいいのではないか?と思いましたが、今これを読んでるアナタはどうでしょう(*´ω`*)?




しかしそこは粒太のブログ。

ワタクシはいつだって日本人代表です。
だから西洋のチーズは日本人には合わない…





と、この場に限り、言い切る事ができるのです!












☆目指せ明日のホワイトカラー!☆