☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

人は見た目が全てです!(前編)

こんにちは!粒太です(^^)


粒太は普段全くオシャレをしません。
というか服をあんまり持ってない。


でも仕事の時は身だしなみ、バッチリきめます。
サイズピッタリのスーツにあわせて、靴だってピッカピカ。

知らない人に会って見た目しか情報の無いときは、それが全てなんです!ってお話。

それはどこまで通じるか!?



ではどうぞ!ヽ(・∀・)





★日米のステレオタイプ


この国の人はこうだ!みたいな考え方、アナタにもあるでしょう。
例えば…



アメリカ人は気さくでおおらかで、派手なものが好き。
大きな家に住み、毎日ビールを飲んでいる。
みたいな。



日本人はどうか。
日本人のステレオタイプとして…



勤勉で親切、時間通りに行動する。
眼鏡をかけていて、小綺麗な身なりをしている。



といったトコロでしょうか。
アナタはどのくらい当てはまりますか?



以上のものは粒太の独断なので、人によっては別のイメージがあると思います。



反日教育を行っている国では、日本人のイメージは悪いでしょう。
少なくとも『親切』なんて思ってないよね。





★粒太の日本人像、合ってるの?


粒太が勝手に挙げた日本人像、ちょっとかじって見てみましょう。




★まずは眼鏡から。


2017年母の日は5月14日。
それにちなんで、幼稚園の子供達が描いたお母さんの絵が近所のスーパーに展示してありました。


興味深かったのは、眼鏡をかけているお母さんの数。
割合としては約4割。



割り出し方は、絵を10枚づつ数えていって、眼鏡の人数を数え、それを3セット。

1セット目→4人
2セット目→3人
3セット目→4人

ま大体4割でしょう。


3セットとしたのは、セット数は多い方がいいのでしょうが、あんまり数えまくってちょっとアヤシイおじさんだと思われても困るもんねえ…



粒太が子供の頃は、眼鏡をかけているお母さんはほとんど居ませんでした。
以前より眼鏡率が増え、これはより粒太の日本人像が現実味を帯びてきてますねえ…



今は小学生でも眼鏡をかけている子達が結構いるからね。


粒太が小学生の頃は眼鏡をかけている人はクラスに一人くらい。
もちろんあだ名は『メガネ』です。
もう田舎者まる出し(笑)。


昔のアニメでは、眼鏡をかけている人はのび太くんやべんぞうさん(キテレツ大百科)など。

眼鏡というものは、パッとしないキャラのトレードマークみたいなものでした。
今は違うと願いたい…。





日本人の眼鏡率の高さ。

ここまで言っておいて何ですが、実はどこの国にも当てはまります。
なので日本が特別眼鏡率が高いわけではありません。(ぇ;





★続いて身た目。


『小綺麗な身なり』って、意外とわからないようでも比べてみればわかります。



女性に限り、アナタも週末ちょっとオシャレして出かけることってありますよね?
その時の服装は、ジーンズにフリースではないはず。


足元はパンプスとか、フリースではなくPコートとか。
髪もまとめ上げてピシッとしたら、きれい目なカンジになりますよね。



そんな身なりで外国を歩けば、すぐに日本人だとわかります。


そんなはずないって?
論より証拠。行けばわかるさ。


それでいて口紅とまゆが濃かったらその人はきっと韓国人。うん、間違いない。(経験上の主観)




『典型的な日本人』rocketnews24
rocketnews24.com
外国人目線でもおもしろいですねー。





★男性の場合


服装の流行りや特徴があまりないので、どこの国の人なのかはあまり正確には判(わか)らないですね。
お化粧もしないし。



粒太はカナダのコンビニで、中国人の店員さんに中国語で話しかけられました。

最初は独り言を言っているのかと思ったんだけどね。
こっち向いてずっと言ってるから、これはただ事じゃないぞと…ゴクリ。


移民の国カナダでもこれだもんね。
やはりどこの国でも、男性は判別が難しいようです。




後で述べますが…
判別の難しい男性でも、同じ国の男性数人が集まれば話は別。
一応傾向はありますよ。





★どこにでもいるアメリカ人


世界中で戦争して身勝手なアメリカ。
ドキュメンタリーたったかな。前見たDVDか何かの中で、アメリカ人が、


『だから俺たちは世界中で最も嫌われている』
と言っていました。


粒太のイメージするおおらかなアメリカ人像も、嫌っている人たちから見たら全然おおらかじゃないよね。


ちなみにアメリカ人は大抵どこでも大声で喋ります。


アルパカさんがイギリスに住んで居た時、イギリス人とアメリカ人を判別することが出来たそう。


両者とも、見た目では似ています。
でも、大声で喋っていたら、それはアメリカ人なんだそうな。



観光地とか、人が集まるトコロでも関係なく大声。
わかる気がする…。








前編はここまで。
後編は外国人男性の見た目はどこまでわかるのか、レッツトライ!なお話。









☆目指せ明日のホワイトカラー!☆