☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

wifi忘れてパケットを無駄に消費してしまった人達へ捧ぐ、第1世界の大問題。

こんにちは!粒太です(^^)


にわかにアヤシイ言葉の響き
ちょっと中身は古くさいかも。

ではどうぞ!ヽ(・∀・)






パラレルワールド?じゃないんだよ★

毎日暑くなりましたね。

夏と言ったらスイカ。こればっかりはホント、間違いないよ。異論は認めます。
粒太はスイカが大好き!



今年はじめてのスイカをアルパカさんと一緒に食べた時のこと。



アルパカさんは、

『お腹いっぱいで苦しい(笑)』と。


スイカ食べるとすぐお腹いっぱいになるからね。


そんな時、粒太は以前見た映画『赤髭先生』(←昔のお医者さん)の中の一節を思いだし、アルパカさんに伝えてみます。

それは…



『貧乏人は腹を空かして死んでいき、金持ちは腹一杯食べ過ぎて死んでいく』



というもの。
一言一句正確ではないんだけど、世の不平等とその貧しさを嘆(なげ)いている、真面目なカンジの一節。



するとアルパカさんは、『第1世界の問題みたい』と言いまして…。







★学校でやったかな??★

粒太は恥ずかしながら、第1世界とか、全く知らない。

当然アルパカさんに、『何それ?』って聞いていくと、話は第3世界の説明から始まります。



第3世界と聞いて、パッとイメージわきますか?
ああそれねって思った人は、若い人にはいないんじゃない?

第3世界の前に、そもそも第1と第2の世界って何ってとこだよね。



シックスセンスみたいな、決してアヤシイ概念なんかじゃありません。




それはまだソ連とアメリカが冷戦をしていた時。
世界はソ連とアメリカに二分されていました。



第1世界は、アメリカを中心とした西側資本主義陣営、
第2世界は、ソ連を中心とした東側共産主義陣営、


そして第3世界とは、そのどちらにも属さなかった国々を指すんだそう。

特にその当時貧しかったりした発展途上国ね。




世界を3つに分けて、発展途上国を第3世界なんていうもんだから、『第3世界の問題』なんて言葉が生まれちゃったんです。






★何やら深刻そう…★

第3世界の問題とは、貧困だったり飢餓だったり。
言い方変えただけで、発展途上国の事だからね。



アルパカさんからは英語で聞いたので、粒太は日本語では知らなかったのだけど…

日本では第3世界って言葉、一般的だったのかな??



粒太はずっと日本にいましたけどね。

でも、冷戦時代は粒太はニュースとか見る様な年じゃないし、もちろんもうずっとテレビでも使われていない言葉だから、今使ってもあんまり通じないのでは?と思っちゃう。




同世代のアルパカさんは知ってる言葉なのにね。




そしてそれは形を変えて、現代のアメリカにも生き続けているんだそうな。



そう、それは…

『第1世界の問題』。


今日のメインはこれ!






★超大国アメリカの抱える問題★

では復習です。
第1世界とはどこでしょうか??

…そうですね!アメリカ等の西側諸国ですね。



アルパカさんは『お金持ちな国』と言っていたけどね。
第3世界という対比があるので、ウソではないでしょう。



そんなお金持ちな国の問題といったら、そうですね…


アメリカでは戦争にお金を使いすぎたり、社会福祉が発展していないので、貧しい人の生活が大変だったり。

お金持ちな国なので、国にお金自体はあるものの、その使い道が適切ではないというのが『第1世界の問題』なので






ありません!笑


実は全く違うんです。
第1世界の問題なんて、第3世界の問題に便乗した、ただのネタ的なもの。





★見ればわかるさ★

ネタ的なものって何だよと。いやもう、まんまネタなんですけどね。

まずはこちらをご覧下さい。
f:id:tsubuta:20170624231207j:plain
訳(意訳):『昨晩夜通し携帯でユーチューブ見てた時、wifiをオンにし忘れちゃったから…使える容量が、もう無いの!』


この人なんて泣いちゃってるしね。どうでもいいことなのに(笑)。




もうアナタも理解したことでしょう。
第1世界の問題なんて、ネタだって事を。

粒太のブログで作ったネタではないですよ。
アメリカ人(?)が勝手にやってるやつ。


例の泣いてる写真だって、文字を入れ換えてよく使いまわされてます。




第3世界の問題は生死や身の安全に関わる重大な事なんだけどね。

第1世界の問題は、『贅沢な悩み』ってトコかな。



続いて粒太のお気に入り
f:id:tsubuta:20170624231317j:plain
訳(意訳):『充電器に挿す前に携帯のバッテリーが切れちゃった…電源オンにするまで2分も待たなきゃいけないなんて…。』



なかなかシュールな絵ですよねw
それはもう、死が迫ってるみたいな緊迫感。
でもそこは第1世界だからね。


悩みの対象なんて、バカげたものしかないんです。






★第4世界?★

第1世界の問題『first world problems』で検索すると、ちょっと笑えないものだって出てきます。

『First world problems』
https://www.google.co.jp/search?q=first+world+problems&prmd=ivn&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj6gfXV0tbUAhVJw7wKHWsEB-UQ_AUICSgB&biw=360&bih=540&dpr=3
f:id:tsubuta:20170624231415p:plain

次の画像はそこから引っ張ってきた画像。
これはもう、第1世界の問題っていうよりは、もはや第3世界の問題だよね。
f:id:tsubuta:20170624231446j:plain
訳(意訳):『水鉄砲で遊びまくっても、水が無くならない世界があるって本当??』



Fights with water

という言葉を選ぶあたりがセンスを感じますねえ。。
アフリカでは干ばつ時に、隣の村と水をめぐって争い事もあっただろうからね。
(日本もだけどね。)




水ではないんだけれど、今粒太の住んでいるところでは台所のお湯が出ません。


いや、湯沸し器を購入すればお湯は出るんだけどね。
でもその湯沸し器って、高いんだ。


買えない値段ではないものの、いつ転勤になるかわからない状況なので購入するのはためらってしまいます。



だって数万円払っても、次の転勤までに使えるのは半年とかってなったらアホらしいでしょ!

冬場は超冷たいので、お皿洗いはゴム手袋をして行います。



うん。実際すごく不便なんだよね。



お金持ちな国、日本において、お湯が出ない。
普通に働いて、普通の生活(?)を送っているのに、お湯にありつけないなんてないでしょう。

粒太がそんな価値観を持ってるものだから…



『これは第4世界の問題って言ってもいいかもね!』



と、冗談めいた嫌味をアルパカさんから言われてしまいましたとさ(笑)。









☆目指せ明日のホワイトカラー!☆