☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

欧米崇拝と闘う私がアメリカ企業に潜入した話から見る、国際理解に必須の条件とは。

こんにちは!粒太です(^^)


知らなきゃそもそも理解できない
自ら垣根を作る人達

ではどうぞ!ヽ(・∀・)





★粒太、アメリカ企業に潜入!★

普段アメリカ人と会う機会はありますか?
大抵の日本人はまずそんな機会は無いよね。



最近、そんな『大抵の日本人』と一緒に、日本にある、アメリカの企業にお邪魔しに行きました。研修で。

抽象的に『大抵の日本人』とかって書いてはいるけど、要は粒太の会社の同僚ね。


粒太は通訳。

といっても普段通訳として働いている訳ではないので(そんなに英語レベル高くない)、粒太の研修しに行く時にたまたま英語が出来るから通訳もしたってだけ。







★作り出される大きな垣根★

さて。一緒に行った同僚は英語がわからないので、わからないなりにも行く前に英語の練習をしたりします。



研修をしに行く会社の業務内容や、アメリカ社員の日本での暮らしぶりを真面目に英語で聞こうとする人もいるのですが…


残念ながらみんながみんな、そうじゃない。



『○○って英語で何て言うの?』
と粒太に聞いてくる人の中には…



『日本人だからってナメんじゃねえぞコラアッ!』
って英語で何て言うの?



と聞いてくる人や、



『でっかいウ○チしたい!』って英語で(略

なんて聞いてくる人も。



分かってるでしょうけど、これ言ってる人は小学生ではありません。
30もとっくに過ぎた、いい歳したオッサンが言うんだよ。社会人て、何ですか…?笑

粒太は普段、こんな人達と働いております(^^;




ここで粒太が気になったのは、『日本人だからって~』のフレーズ。

訳してないよ。訳す以前の問題だ。



なぜ日本人の研修を受け入れてくれる会社に対して、こんな言葉を言おうとするのかと気になりまして…


や、もちろんその人もさすがにアメリカ人の前では言ってはいないけどね。

粒太に対して、若干冗談混じりに言った可能性ってのもある。(だとしたら大いにセンスを疑うが)



でも粒太にはその言葉が、その人の日本人としての劣等感を表している様に思えてなりませんでした。

『ナメられる事』が前提のフレーズだから。






★勝手なイメージで、距離は広がる★

このブログでもよく取り上げる、欧米崇拝。粒太はいつもこいつと闘っています。
冒頭に書いたアメリカ人と会う機会の少ない日本人ほど、あるんじゃない?



物が豊かとか、お金持ちとか、背が高いとか、イケメンだとか。
まあ色々突っ込み所はありますが。




確かに…
粒太の会社とそのアメリカの会社を比べたら、設備から給料に至るまで、何から何まで違います。

外国人が、日本に会社作っちゃうくらいだからね。
資本に余裕が無いなら出来ません。




でもでも。何も敵対視する事は無いんだよね。
しかも劣等感丸出しで。


研修を受け入れてくれて、むこうから沢山学ぶところだってあるんだから、それでいいじゃん。
仲良くなれたら、尚良しだよね。



ちなみに『日本人だからって~』のフレーズの英語訳を粒太に聞いてきた同僚は、アメリカの会社の研修ではちゃんとお利口さんにしていましたよ。

行く前まではあんなに威勢が良かったのにね。


それにしても…




内弁慶過ぎるだろっ!!笑







☆目指せ明日のホワイトカラー!☆