☆アルパカンドリーム☆

日本でアメリカ人女性(アルパカさん)と国際結婚した日本男児、ワタクシ粒太(つぶた)が国際的な生活をシェアしていきます。 徒然なるままに、どうでもいい記事のアップもあるよ(^q^)ノ

魚がさばけない?じゃあ牛は??

こんにちは!粒太です(^^)

 

包丁入れるの怖いんだけど、

それでもみんなはお肉好き

 

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

今回の構成

  1. さんまさん
  2. ビフォーアフター
  3. そんな子供の事、笑えないんだよ

 

 

さんまさん

前回に引き続き、今回も食べ物ネタですよ。まずはお魚さん。お察しの通り、アメリカンには理解が無さそう。アメリカにも、魚料理はあるにはあるけどね。

 

以前外国人はみんなお寿司好きだと思っていたのに、回転寿司に行ったら違った話があったけど…やっぱりみんな、粒太の様に色々と勘違いをしてるんだ。

回転寿司の件↓

合う合わないは食べ物も (後編) - ☆アルパカンドリーム☆

 

アルパカさんも粒太も、普段家では魚を捌(さば)きません。家のガスコンロには魚グリルが付いているのだけれど、ただの1度も使ってない。しかし…その時は突然やって来ます。

そう、みんな大好きBBQ!

 

友人宅でバーベキューをしようとなった時。みんなが来る前に、アルパカさんと粒太は下ごしらえを手伝います。バーベキューといえば肉。たまに野菜でメイン肉。でも、イカもイイカも。魚も焼こう!

というわけで、サンマを購入して捌く事に。

 

 

 

ビフォーアフター

魚なんて捌いた事無いアルパカさん。こうこうこうやるんだよって説明を受けてから捌きます。別に難しくないからね。すぐ出来るでしょう。おなか開けて、内臓出して、水で洗って…。

 

出来ませんでした。

 

粒太は釣りが好きだったり、日本人だから小さい頃から魚には慣れ親しんでいます。だから、魚はこういうものだっていう概念(がいねん)が確立されているんだよね。対して捌くのは初挑戦のアルパカさん。

『こんなに血が出るとは思わなかった(;´д`)』

といって、もう気持ち悪くなってしゃがみこんじゃいます。

 

確かにね。普段見てるお魚は、お寿司だったり、スーパーのブロックや切り身だったり。『陸上動物とは違って、血なんか出ない。』

信じられないかもしれないけど、それがアルパカさんの魚のイメージ。

 

アメリカ人の話ではないのだけれど…最近の子供の中には、『魚がスーパーのブロックで海を泳いでいる』って思ってる子もいるんだって。

粒太の友人の又聞きだけどね。でも、ホントに居そう。そういう子。

 

話の流れでは、子供がかわいそうとか、親の教育が~、ってカンジだったと思うのだけど…

ちょっと本物見せたらすぐ理解出来そうなので、騒ぐ事でもないでしょう。

 

 

 

そんな子供の事、笑えないんだよ

考えてみたら、生きてるときの姿から捌くのって、結構グロい。魚類ですらこれだからね。人間と同じ哺乳類だったら、こりゃタマランね!

大きな牛はもちろんの事、小さな鳥でもキツイよね。あ、鳥は哺乳類じゃないか(^^)

 

粒太はハンティングやりたくて、獲物を捌く動画をYouTubeで見たことがあるのだけれど…

動画で見るだけでもなかなかグロい。動画ではなく本物を目の前にしたら…迫力や臭いで、慣れるのには時間がかかるだろうねえ。

 

中学校の理科の授業で牛の目の解剖をやったのだけど、たったそれだけでも結構気持ちがやられるんだよね。クラスの中には、とうとう最後まで触れなかった子なんかもおりました。

てか中学生にそんな事させんなよって思うよね(><)

 

 

普段普通に口にしているお肉たち。もしも、殺して捌くトコロまで体験したら、きっと誰もがベジタリアン朝→野菜、昼→野菜、夜→野菜(;´д`) - ☆アルパカンドリーム☆

どの様なプロセスを経て食卓に上がるかなんて、みんな知らないもんね。知らない方が、幸せかもね。

 

魚のイメージが違うだけじゃなく、お肉だっておんなじなんだ。きっとこの事こそが、最も大きな勘違いなのです。

 

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆