☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

『英語勉強したい!(けどまだやってない)』←何故なのか…

こんにちは!粒太です(^^)

 

早く始めてモノにする。

遅いとホント、致命的!

 

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

今回の構成

  1. まだまだ必要
  2. 受け身じゃツマラン
  3. 使う人口少ないからね…。
  4. アメリカンスナイパー

 

 

まだまだ必要

英語を学びたいと思っている人、沢山居ますよね。

粒太の周りにも『英語勉強したい!』って人は結構居るんだけど、現在進行形で『勉強してます!』って人はナゼか聞いた事がありません。

やりたいならすぐ、やればいいのにね。

中学校入ってもアルファベット書けなかった粒太が英語出来る様になったのだからホント、やるかやらないか。やるならさっさとやりましょう。

 

ではなぜ始める人が少ないかというと、日常で使わないからでしょう。全然必要ない。以前にも書いたけど、将来はコンピュータ(AI?)が全て同時に翻訳してくれて、英語学習なんて必要無くなると思っています。粒太の自己満足的電子辞書(前編) - ☆アルパカンドリーム☆

でもそれは『将来』であって、『今』ではないというトコロがミソなんだけどね。

 

 

 

 

受け身じゃツマラン

粒太が英語に接していて、得したな~と思う事は結構あるんだけど、その一つが『日本以外の事も知れる』という事。

 

『そんなの新聞やテレビのニュースでやってるジャン!何を今更言ってんの?』と思ったそこのアナタ。ちょっと待って。

 

確かに新聞やテレビでは見る事が出来るのだけど、それは『新聞社やテレビ局が選んだニュース』であって、アナタの知りたいニュースではありません。

 

現代では更に、インターネットがあって世界中の事を瞬時に見られる…と思いきや、その記事が日本語になるまでには少し時間がかかる訳だし、マイナーな記事では日本語にすらなりません。

 

 

 

使う人口少ないからね…。

例えば、粒太の好きな自転車。粒太はツール・ド・フランスとかのヨーロッパのプロレースが大好きでした。

 

でも粒太がインターネットに触れる様になった2002年頃はまだ、自転車競技はまだまだマイナー。今でこそスポーツ自転車に乗る人が増えてレースには大勢の人が集まるけれど、当時は粒太の周りに話の通じる人は居ませんでした。

 

世間の認知度がイマイチなので、当然海の外からくる情報は少なく、探すのは大変。有料チャンネルとかはあったけどね。

しかし当時の粒太はまだ学生。無料で情報を集めるためには、ほんの一部の言葉がわかる人のブログが貴重な情報源でした。

 

 

この粒太の例では英語ではなく、フランス語だけどね(笑)。

でも英語の情報量の方が日本語よりも圧倒的に多いのです。例え英語でフランスのレースを調べても、日本語よりかははるかに情報取れるハズ。

 

 

 

アメリカンスナイパー

そして実際にあった例では、粒太の友人が映画館で見た『アメリカンスナイパー』という映画の事。
f:id:tsubuta:20170805234640j:image

 アメリカンスナイパーは、実話を基にしている映画です。主人公のクリスカイルは既に亡くなっていて、死亡した当時、アメリカではその事が大きなニュースになっていました。

 

もしかしたら日本でもニュースになっていたかもしれないけどね。少なくとも粒太は見てないし、話題にならなかったので大きなニュースでは無かったでしょう。

 

 

粒太は映画館で映画を見ない主義(値段が高すぎる)。映画を見た友人から話だけ聞くのです。アメリカンスナイパーを見た友人もその映画を気に入ったらしく、得意気に語ってくれるのだけど…

 

友人『(;゜∀゜)最後オチ言っていい??』

粒太『(;´∀`)ぜひともよろしゅう』

友人『(;゜∀゜)最後ね、主人公が殺されちゃうんだよ!』

粒太『(;´∀`)お、おう…。』

 

チミは何を言ってるのかと…とは言いませんでしたが、英語で情報を取れるだけでここまで差がつくものなんです。

彼が知るのと粒太が知るの。その時間差たるや、約一年。致命的でしょ?

 

 

とはいえ、粒太はいつもネットで英語ニュースをチェックしている訳ではないので、情報通のスペシャリストという訳ではありません。

ネットから英語で情報取るのは、YouTubeが一番多いかな(笑)。別にそれでもいいんです。

 

少なくとも日本語だけで満足出来る生活に慣れてしまったら、いつまでたっても『英語勉強したい!』(けどまだやってない)って言い続ける事になってしまうよ!

 

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆