☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

勉強しても、役に立たない言葉達

こんにちは!粒太です(^^)

 

害はないけど一利なし!

覚える労力無駄になる?

 

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

今回の構成

  1. 普段は一切使わない
  2. 日本語だって、負けてない
  3. とりあえず使ってみよう!

 

 

普段は一切使わない

 知ってるけど使うシチュエーションが限られてる言葉、ありますよね。

使う場面がいくつかあるならまだしもだけど…一つの場面でしか使わない言葉も。

 

英語にももちろんあって、日本人の粒太にとってはそんな言葉なんて覚えるだけ無駄。ムダムダ。

なのだけど…そういった言葉はそんなレア感がたまらない。面白いから覚えてしまったりするんだよね(^^;)

 

 

あれはアルパカさんの従兄弟と話をしていた時の事。会話の中で聞きなれない言葉があったので聞いてみると…?

 

従兄弟『この言葉、ここでしか使わないんだよね。』

 

おお凄い言葉だ。どうりで聞いたことない訳だ…。でも何の事はない、

『ハワイは陸続きじゃないんです』って言う時に使った言葉なんだけどね(笑)。

 

 

その言葉とは、『contiguous』。コンティギュアス、と発音します。

辞書にも普通に載っていて、『隣接してる』とか、『連続した』とかいう意味なんだって。

 

辞書引いて、これだけ見ると普通なんだけど…でも普段は一切使わないんだって。変なカンジ(^^;)

 

 

 

日本語だって、負けてない

ちなみに日本で日本語を使っていたら気づかないけど、日本語にだってあるんだよね。一つの場面でしか使わない言葉。

 

例えば昔話の桃太郎で使われる言葉、大きなももが流れてくる時の様子とは…?

 

そう、『どんぶらこどんぶらこ』ですね。

 

辞書で調べたところ、『大きくてやや重みのある物が水に浮き沈みしながら流れるさま。』だそうで。

や、そうでしょうけど(笑)。でも使わないよね。

 

外国人が日本の絵本で日本語を勉強して、どんぶらこを辞書で調べて日常で使ってしまったら…それはそれで面白いかもね(^^)

 

 

続いてもう一例。相撲を取るときに使う言葉とは…?

 

そう、『はっけよ~い、のこった!』ですね。

 

何かもう、これに関してはどんぶらことは違って相撲の専門用語というか、他所で使わないのは当然というか…。あんまり良い例ではなかったかな。

 

ちなみにその掛け声にも、ちゃんと意味があるみたい。諸説あるのでここでは書きませんがね。

 

普段何気なく聞いているから、日本人なのに意味なんて知らないし、気にしてなかった。きっと後で相撲好きな外国人に説明されて、『おぉー』ってなるんだろうね(笑)。

 

 

 

とりあえず使ってみよう!

少ししか例を挙げなかったけど、使用が限定されている言葉、使う場面が難しいよね。

辞書には普通に載っているので、普段使わないかどうかなんてわからない。 

 

公な場所で使ったらもちろん変なのだけど…もしも普段使わない言葉だと知っていたら、あえてそいつを使ってみるのもいいかもね。

 

だって例えば腕相撲でもする時に、『はっけよ~い、のこった!』なんて言ったら楽しいじゃない(^^)

外国人が言ったら尚更(なおさら)ね。 

 

よく分からなかったら、とりあえず使ってみる…ちょっと変でも、何も言わないよりはましだよね!

 

 

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆