☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

海の男になるには?(船の揺れ編)

こんにちは!粒太です(^^)

 

前後左右でいつでも揺れる

上下も加えて3D

 

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

今回の構成

  1. 船の揺れ
  2. 船首と船尾
  3. そして海中へw

 

 

 

船の揺れ

粒太は以前船乗りだったわけですが、みんな知ってる様で全然知らない船の事をブログで記していこうと思う。

ブログの公開範囲は『全て』にしてるけど、船の航海範囲は国内限定ね。

 

今回は船の揺れ編。ほとんどの人は船に乗ったことが無いorあったとしても遊覧船位かな。なのであんまり揺られた経験は無いでしょう。

 

粒太の乗っていた船は全長100mを越える大きな船だったのだけど、海が荒れるとこれでもかって位揺れるんだ。

 

例えるならジェットコースター乗ってるみたいな。

楽しそう?うん、それが一時ならね。

ジェットコースターを24時間乗りたいと思う人は居ないでしょう。

 ましてやその中で食事や仕事をするのです。

 

陸に近いところでは大体波は穏やかなのだけど、ひとたび外洋に出るとギーギー揺れる。

海が荒れてなければ大丈夫だけど、荒れてる時はそうね、前後左右45度は揺れて、更に浮き沈みの動きが加わるんだ。

 

どんぶらこどんぶらこ。役に立たない言葉がようやく日の目を見るときなのです(笑)勉強しても、役に立たない言葉達 - ☆アルパカンドリーム☆

 

 

 

 

船尾と船尾

船の浮き沈みが激しいと、浮いた後に船が海に叩きつけられる時の音が凄いんだ。粒太は最初、そのまま船が折れるんじゃないかと思ったほど。

ドガーン!て音がするのだけど、当然人の都合で変わる訳ではないからね、寝てる時間とかでも関係ない。

 

重力の関係で浮くときは体が下に押し付けられて重いカンジ。とても歩き辛いんだ。

逆に船が下がっているときは体がフワッと浮くようなカンジ。

体が押し付けられて歩きづらかった後に、歩くならこのタイミングだね!っていう状態。

 

ちなみに揺れが激しいと、ホントに歩けません。平らな所でも。特に階段(ハシゴ)なんてね、しがみついてるのがやっとだよ。

 

 

そんな激しい揺れも場所によって激しさが違うのだけど…

 

船の前の方、船首側は先ず波を受けるので、大きく揺れます。

反対に船の後ろの方、船尾側は前についていくだけなので、ブルブルと細かい揺れが多いカンジ。

全く同じ船なのにね。前後で揺れは一緒じゃないんだ。

 

 

 

 

そして海中へw

船は揺れる。波の上に位置してるから当然だけど、例外だってあるみたい。船乗りの間でささやかれていたウワサとして

『潜水艦は揺れない』

というものがありました。

 

潜水するから潜水艦、水の上のは水上艦。ほとんどの船は水上艦。

 

潜水艦は海の中だから、波の影響なんて受けないもんね。う、うらやましい…。

 

でも海上自衛隊で潜水艦に乗っていた事があると言っていたおっさんに話を聞いてみたところ…

『船は何でも揺れる。』のだそうで(;´д`)

 

そりゃ水上艦よりかは揺れないだろうけどね。でも期待するほど平和でもないみたいです。

 

 

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆