☆アルパカンドリーム☆

日本でアメリカ人女性(アルパカさん)と国際結婚した日本男児、ワタクシ粒太(つぶた)が国際的な生活をシェアしていきます。 徒然なるままに、どうでもいい記事のアップもあるよ(^q^)ノ

英語よりも難しい発音?あるよ!日本語にもね。

こんにちは!粒太です(^^)

 意外に思うかもしれないけどね、こんな当たり前の発音が出来ないなんて(笑)。

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

 

今回の構成

  1. 唯一の発音出来ない日本語
  2. 発音は小さな頃からやった方が良い?
  3. 酢豚かよ…(;´∀`)

 

 

 

唯一の発音出来ない日本語

英語の発音。

粒太を含め大抵の人には英語の発音は難しくって、挫折(ざせつ)を経験した事のない人は居ないんじゃない?

 

日本語にない音があるから、聞き取るまでは、長い道のり。

しかもようやく聞き取れたところで、発音出来ないっていうオマケ付き。

 

 

英語ネイティブは発音できていいなー…

なんて思う事は多々あれど、それ日本語にだってあるんだよ。

 

 

それは今のところ、粒太が認識している唯一?の発音『ツ』の音なんです。

 

 

 

 

発音は小さな頃からやった方が良い?

でも、『ナイ』やら『ブリッ』やら、英語にだって『ツ』の付く発音は無数にあるじゃんて?

 

 

そこよそこ。『ツ』のつく言葉は沢山あるのだけれど、『ツ』から始まる言葉が無いの。

 

 

日本語だけど、強(し)いて挙げるなら

Tsunami津波

かな。英語でも通じるけれど、元は日本語。

 

 

この記事を書いているワタクシ粒太も『ツ』から始まる名前を持ってます。

なので、アメリカ人に自己紹介で名前を言っても、聞き返される事がほとんど。

 

 

とはいえ、アメリカ人にとって馴染みの薄い日本の名前では、大体の日本人は聞き返されるはめになるのだろうけど…

 

 

粒太の場合は、その後相手が『ツブタ』と発音出来ないんだ。『テュブタ』みたいな。

 

 

ちゃんと発音できる人も中には居るけどね。

 

 

粒太の妻であるアルパカさんも付き合い長いから当然発音出来るし、ベビーシッターしたアメリカの子供も普通に発音出来てたなあ…

 

やはり発音は小さな頃からやった方が良いという証明なのかしらん?

 

 

 

 

酢豚かよ…(;´∀`)

ちなみにアメリカ人では無いのだけれど、カナダの語学学校で出会ったサウジアラビア人の、モハメド君。

 

彼は粒太の事をいつも『スツブタ!』と呼んでいました。

 

ふざけて呼んでいるんじゃないんだよ。真面目に発音して、『ツ』から発音出来ないの。

しかしスツブタの『ス』はどこから来たんだろうね…笑

 

 

粒太が留学期間を終えて帰国する間際、モハメド君に、

 

『君は最後まで粒太の名前を言うことが出来なかったね(笑)』

 

と冗談混じりで言ったら何と…

 

ハメド『実は俺の名前もモハメドじゃないんだ!』

 

!えぇぇ(;゜∀゜)ぇぇえ!

 

 

や、名前はモハメドなんだけど、発音が違うんだって。文章じゃ伝わりきれないけどね。

 

 

英語の発音にも無いから、クラスで修正する事もなくそのまま通してたみたい。

 

何かモメドの『ハ』の発音がフランス語の『R』の音みたいに発音してたんだ。

当然教わっても粒太には発音出来ません(笑)。

 

 

何回発音してもNGだもんね、こりゃたまらんわい。お互い様じゃん!笑

 

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆