☆アルパカンドリーム☆

日本でアメリカ人女性(アルパカさん)と国際結婚した日本男児、ワタクシ粒太(つぶた)が国際的な生活をシェアしていきます。 徒然なるままに、どうでもいい記事のアップもあるよ(^q^)ノ

こ、この人の英語っ…!俺…全部理解できてるっ…!

こんにちは!粒太です(^^)

でも相手が変わると、全く何言ってるか分からない!という現象を科学します。

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

 

今回の構成

  1. この人の英語、全部理解できてる!
  2. こちらの言語レベルに合う『クセ』
  3. クセに関係なくできる様になっている

 

 

 

この人の英語、全部理解できてる! 

あるんですよ。そんな瞬間が。

 

某聞き流すだけの教材のCMでもやってた様なやつ。キャワイイ姉ちゃんが、

『ああっ!このフレーズゥ、聞いた事あるですう~っ!!』

などとホザ、おっしゃってましたねえ。ええ。誇張もしてますけど。

例の聞き流すのは大嫌いですが、この感覚は多いに賛同できます。

 

 

言葉に不自由しない人や環境だったら分からない感覚だけどね。

例えば、日本で日本人が日本語でやり取りしてたら、何にも考えなくても理解できるでしょ?

 

ところが不馴れな外国語だとそうはいかない。語学レベルが上がるにつれて、大体誰と喋っても同じように理解できる様になるのだろうけど…粒太レベルではまだまだ障壁が沢山。

 

 

粒太は英語使って喋るけど、相手によっては全然理解できない時もあるし、アメリカの映画なんて字幕無しではサッパリです。

 

でも、あるんですよ。ホントに。この人の英語全部理解できてるって時が。

 

 

 

 

こちらの言語レベルに合う『クセ』

相手によって自分の英語力が上下する訳ではないからね。理解したときだけ、急に頭が良くなったなんて事はないでしょう。

 

 

粒太が考えるに、同じネイティブスピーカーでも、人によって喋り方のクセがかなりあるって事。

 

 

そのクセが自分自身にバッチリ当たったら相当良く分かり、当たらなければ結構キツイというカンジ。

 

 

その喋り方のクセとは具体的に、

『声量、スピード、アクセント、選択する言葉、など。』

粒太が注目したいのは、『選択する言葉』。

 

 

粒太は妻であるアルパカさんの英語はよく聞き取れます。毎日お話しているからね。大体使う言葉は固定されているので、早く喋られても大丈夫。これが、『選択する言葉』。

 

仮に知らない単語が出てきても、『今の何?』って質問出来ます。ホント何言ってるか分からない人に対してだったら、質問するのもままならないもんね。これがその他の『クセ』が当たってる状態。

 

 

それらがバッチリ合えば、相手が何を言っているのか、手に取るように分かるんだ。

 

 

以前の記事にもある通り、通じ合うには同じ言語レベルである必要があるのです。

 その英語、『出来る』のハードル上げ過ぎてない? - ☆アルパカンドリーム☆

 

 

 

 

クセに関係なくできる様になっている

クセがバッチリ合うこの現象は、別に粒太のレベルに限った話ではなくて、普段英語に接してない人にも起こってるんだ。

 

 

例えば…

もう古いけど、ピコ太郎さんの『PPAP』なんてのがあったよね?

ペンパイナッポーアッポーペン

 

あれなんか英語の発音を忠実に再現してるけど、理解できるでしょう?それも完璧に。

 

 

そういった理解できるやつを徐々に増やして、もっと増やして、もっともっと増やしていくと、バイリンガルの出来上がり。

どう?やりたくなったでしょ。

 

 

クセの会う人が中々居ない…のは当然だけど、

ハンバーガー注文する時の言葉や、観光地で使う言葉はかなり限られたものになるので、ちょっとかじれば相手のクセに関係なくできる様になってるんだよね。

 

定型が大体決まってるので、相手が難しい言葉を使ってこないって意味ね。

 

 

そういった事から勉強していくのが上達への近道なんだろうけど…何しろ退屈だからね。

 

そして今日も役にたたなそうな英語の方になびいてしまうのです…。

 

 

 

☆目指せ明日のバイリンガル!☆