☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

止水ファスナーなんて無駄のかたまり

こんにちは!粒太です(^^)

誇大広告の化けの皮をはがしていくよ。期待し過ぎはいけません。というお話。

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

 

今回の構成

  1. 完全防水。万能だぜ!
  2. 構造とメカニズム
  3. 実験、そして結果
  4. 止水ファスナー考察

 

 

 

完全防水。万能だぜ! 

前回記事にした、ミステリーランチのバックパックにも使われている、YKKの止水ファスナー。

人によっては止水ジッパー、止水ジップとも。

 

購入したのは、強烈な臭いを放つ中古のスクリー(モデル名)→メルカリで購入したリュックがタバコ臭くて死ねる。対処法など。 - ☆アルパカンドリーム☆

 

 

 

『止水』と聞くと、完全防水みたいな万能感を感じてしまうけど、実際にはそうじゃない。

 

 

バッグの製造メーカーでもショップでも、商品を売る際に、『止水ファスナーは水に対して完璧!』と受け取れる様な言い方をしてるんだ。(注:YKKはちゃんと説明してます)

 

普段使いには完璧なんでしょう。雨が降ったら傘さすからね。ずぶ濡れになって歩く事なんて希(まれ)。

 

でも、そんな時に性能発揮してくれなきゃ困っちゃう。

 

 

止水ファスナーが低価格帯の製品にも普及し始めたこの頃。今回はその性能を詳しく見ていこう。

 

 

 

構造とメカニズム 

そもそも、止水ファスナーを用いた製品を持っていない人には普通のファスナーとどう違うのか、イメージがわかないよね。

ファスナーそのものや、使い方自体は普通のものと全く同じ。
f:id:tsubuta:20180218103809j:image

裏から見た写真。ファスナーその物は同じ。

 

 

普通のファスナーと違うのは表面の方。ファスナーの上に、樹脂製のテープがついてるの。
f:id:tsubuta:20180218103848j:image

ちょっと写真分かりにくいですかね。こいつが水に対して効果を発揮する。…ハズ。

 

 

ちなみに横から見たら、こんなカンジ。
f:id:tsubuta:20180218103933j:image

普通のファスナーの上に、薄~い樹脂製のテープが確認出来ますね。

 

 

ファスナーを締めるとこのテープがお互い寄ってきて…
f:id:tsubuta:20180218105632j:image

 

 

隙間なくピチッ!と揃うとはい、防水!(;゜∀゜) 
f:id:tsubuta:20180218110116j:image

隙間が無ければね。

 

こいつが水に対してどれほど有効なのか、次は水をかけて実験だ!

 

 

 

 

実験、そして結果

水をかける前に、まず『隙間』について確認しよう。隙間が無ければ水は入らない。
f:id:tsubuta:20180218110228j:image

閉めた状態。隙間は…どうかな??

 

 

でも…

 

バッグは荷物を入れると変形するし、担いで歩けば動くもの。さっきのピッチリ閉まった隙間も、バッグを変形させると…
f:id:tsubuta:20180218110637j:image

この通り。すりすりスリットのお出ましや!(;´∀`)

 

 

もう、分かるよね。水をかける実験なんかしなくても。

え?それでも実験したい??

 

 

ではまず、閉じた状態からね。上から水をかけてみよう。かけるというか、垂らすというか。
f:id:tsubuta:20180218114817j:image

ストロー使ってポツッとね。

 

 


f:id:tsubuta:20180218114853j:image

水滴の形が崩れるまで待ちます…。

 


早送り⏩(笑)。
f:id:tsubuta:20180218120234j:image

まあまあ、こんなもんだよね。実質一分半耐えたなら大したもんです。

 

 

続いて隙間がある場合。や、気が進みませんなあ。。(;´∀`)
f:id:tsubuta:20180218115535j:image

 

 

水滴をポツッ。
f:id:tsubuta:20180218115636j:image

 

 

そして…

 


f:id:tsubuta:20180218120623j:image

あれれ?さっきの隙間無しより良い結果かも(笑)。2分後でも水滴の形がまだ残ってる。

 

予想では水滴を垂らした瞬間に、速攻で吸水されると思ったんだけどね。

予想を覆す結果に、とりあえず実験は満足。

 

 

 

 

止水ファスナー考察

かなり意外だった実験結果はさておき(笑)。

 これが止水ファスナーの実力ですよ。水を止められるのは、2分程度という結果。

 

 

止水テープのついていない普通のファスナーと比べたら、そりゃ水は通しにくいけど…

メーカーやお店の商品紹介から受けるイメージとは、随分違うよね。

 

 

しかも普通のファスナーと比べたら動きがカタくて力が必要だし。その他にも耐久性で劣ったり。

 

粒太はまだ破損するほど使い込んではいないのだけど、止水テープという柔らかい素材が金属製の硬いスライダーと強く擦れるという機構を見ても耐久性が低いのは明らか。

 

 

誇大広告+弱点。決して良いことばかりじゃないんだよね。

 

ほんのちょっとの防水性を持たせるために、犠牲にしたものが多すぎる。

 

 

YKKの止水ファスナーだけでなく、他のメーカーからも違った形で出ているみたいだけど…

 

完全防水を期待するなら、やっぱりポテチを湿気らせないようにする袋と同じ機構よね。パチパチって指でつまんで閉めるヤツ。

 

 

今回の止水ファスナー。天候の変わりやすい山で使うならともかく、普段使いには…

  • オーバースペック
  • カタくて使い辛い
  • ちょっと高価
  • 理想と現実のギャップが激しい(笑)

 

 

しかも、登山でも雨が降ったらザックカバーなるものを装着するからね。リュックにつけるカッパ。

となるとこの程度の止水しか出来ない不便なファスナーって…

 

 

存在意義がアヤシくなってる。そしてそれを食い止めるのが誇大広告。もう無駄のかたまりだよ。

 

止水ファスナーの現実、厳しいですなあ。。(;´д`)

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆