☆アルパカンドリーム☆

日(粒太)×米(アルパカさん)の、国際交流をシェアしていきます。 大抵コメント制限&返信なしです(^q^)ノ

17,000円の料理を出すのなら、英語対応くらいしてくれよ…

こんにちは!粒太です(^^)

日本人の英語力とか、もはやそんな次元の話では無いんだよ。というお話。

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

 

今回の構成

  • 17,000円の価値とはこれいかに
  • 料理の説明くらいして欲しい
  • 怪しいところは多々ありました

 

 

 

17,000円の価値とはこれいかに

お高いホテル内のお高い日本料理屋に、晩御飯を食べに行ったのですよ。付き合いで。

 

コース料理を頼んだのだけど、これがまた高すぎる。一人前で17,000円。ボッタ○リかよ。

 

一万円台に届くなんて、文字通りケタ違いに高いよね。その地域の家賃が高いとか理由はあるのだろうけど、粒太はそんなの構ってらんない。

 

 

安いのもあるにはあったけど、コースではなく単品のやつ。

 

 

でも単品で頼もうとすると、ご飯(白米)だけで1,000円越えるんだ。

もちろんディナーしに来てご飯だけ頼むわけにもいかないので、必然的(半強制的)にみんなコース料理を頼む事に。

 

 

値段の割りに、最高級かといえばそんな感じでもない。量がある訳ではないし、さしておいしいわけでもない。

 

腹は膨れない&慣れない味で、17,000円の価値とはこれいかに。

 

 

料理は許そう。好みに左右される所が大きいからね。問題は接客の質。

散々お金を出したのに英語の対応がほぼ無いなんて、どうなのよ?

 

 

 

 

料理の説明くらいして欲しい

行ったその日は粒太のグループは粒太以外アメリカ人で、みんな日本語は話せない。

 

 英語のメニューはあったのだけど、英語はメニューだけなんだよね。接客してくれる人は英語を使ってくれないんだ。

 

 

日本料理屋だし、グループでは粒太が唯一の日本人。だから粒太は通訳の役割を期待されたのだけど…

 

 

日本料理とはいえね、料理にまつわる言葉を普段使わなすぎて、ソモソモそれが何なのかがわからない。

 

 

磯辺焼き』とか、『何とか』とか『何とか』とか。

ほらもう、訳分かんなすぎて磯辺焼きしか覚えてないジャン。

 

他にも意味不明な単語は沢山あったのだけど、忘れました。

 

 

知ってる言葉でも、鯛(タイ)の何とかやら、穴子の何とかやら、ウドの何とかやら…??

 

もうね、英語に訳すときに鯛(タイ)なんて『フィッシュ』ですよ『フィッシュ』。

だって英語で魚の種類なんて知らないもん。

 

 

(ll・∀・)。Ο(よし、『鯛(タイ)=フィッシュ』でいこう。)

 

 

などと思ってる時に、ブリなんて持って来んなよ。フォロー無しかよ。

無慈悲過ぎる…もうみんな『フィッシュ』だよ!笑

 

 

他にも、

  • 焼き
  • 揚げ
  • 煮物

からおひとつお選びくださいって『煮物』って何だよ。

『ボイル』でも『スチーム』でもしっくり来ないわ。

 

 

英語で魚の種類や調理方法を説明するのって、その分野で働いている人でないと出来ないよね。

もはや専門用語なので、事前に勉強してから臨まないと無理。

 

 

そしてそれを説明するのって、お客さんの仕事じゃないよね。

 

 

『○○○の○○和えでございます。』って、それを英語でも言ってくれよと。

 

 

日本人の英語力とか、もはやそんな次元の話をしてる訳では無いんだよ。

 

流暢(りゅうちょう)に英語を喋らなくても、専門用語の羅列(られつ)くらいはしてくれたっていいんじゃない?

 

 

 

 

怪しいところは多々ありました

そのお店、何しろ一人前17,000円もするからね。

値段からして一等地。それなりの人達を相手に商売してるはず。

 

日本のお金持ちのみならず、外国の人だって来るのです。

 

お高い銀座のホステスが地方のそれとは違う様に、レストランの対応も違って欲しいと思うんだけどね。

 

 

ちなみにそこでは英語以外にも怪しいところは多々ありました。

 

 

お料理を持ってきてくれる時や下げる時に『失礼します』とか一言言わず、いきなり割って入ってくるとか。
f:id:tsubuta:20180408002038j:image

コース料理は、何度もお料理が運ばれて来るのです。

 

 

熱々の土鍋がお客さんの頭のすぐ横に来る事もあるんだよ。振り返ったら当たるくらいの。超危ないじゃん。

 

危ないものを運んでるんだ。そこは日本語で構わないから、一言くらいかけてくれてもいいでしょう

 

 

他にも、コースに関するシステムの説明不足でグループみんなが嫌な思いをしたり…

 

 

せっかくはるばるアメリカから来たお客さんと楽しくご飯をと思ったのに、散々でした。しかも高いし(←重要)。

 

 

 どれもこれも、ほんの些細(ささい)な事なんだよね。危険なものの取り扱いとか、自分のとこで出してるお料理を英訳するとか。

 

難しくは無いでしょう?特別な才能なんて、要りません。

 

 

普段はお高い所なんて行かないけれど、日本の『オモテナシ』ってこんなんですかと気付かされた夜でした。

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆