☆アルパカンドリーム☆

日本でアメリカ人女性(アルパカさん)と国際結婚した日本男児、ワタクシ粒太(つぶた)が国際的な生活をシェアしていきます。 徒然なるままに、どうでもいい記事のアップもあるよ(^q^)ノ

中学校英語の授業を受けたら地獄だった。現実は思い出よりも強烈ですな…。

こんにちは!粒太です(^^)

昭和の伝統、墨守する?

英語教育は変わったもんだと思ってました。というお話。

ではどうぞヽ(・∀・)ノ

 

 

 

今回の構成

  1. 簡単な内容を超難しくする先生
  2. 隅から隅まで、1から10まで
  3. 英語は一部の授業に付いていける人達だけのもの

 

 

 

簡単な内容を超難しくする先生

先日、中学の先生を夢みる学生の模擬授業が行われまして、興味を持った粒太は授業を拝見させて頂きました。

 

粒太が見たのはもちろん英語。さて最近の教育ってどうなってるのかしらん?

 

内容自体は中学校のレベルだからね、よっぽど英語に疎(うと)くなければ理解するのは簡単です。

 

 

先生役の学生達も普段は塾で教えていたりするので、模擬授業といっても慣れたもんです。

 

慣れたもの…と言うと聞こえは良いけど、全員が良い方に慣れてる訳では無かったの。

 

やっぱ居るんだ。簡単な内容を超難しくする人が。

 

 

 

 

隅から隅まで、1から10まで

英語の自己紹介。あるよね。『私は粒太です~』ってやつ。それ、生徒に練習させたらいいじゃんか。でも違うんだ。

 

例えばこんなん。
f:id:tsubuta:20180520221158j:image
【先生の説明】

『I'mは以前やった通り、I amが商略されたものですね I amが商略されてI'm Tsubuta.となり、私は粒太ですという意味、この文を肯定分と言います肯定分は今回はじめて出てきたことばですね、肯定する時に使います。次のこの文はAre you Tsubuta? あなたは粒太ですか?という文ですね聞くときはyou are ではなくare youですね、これを疑問文と言います。これも今回はじめて出てきたことばですね。』

 

 

…終始こんなカンジ。

改行してないのは、わざと読み手にやりづらくするためね(スマホ限定)。や、ホントにあの場で聞いたらこんなんだって。

 

自信なさげにやってたり、迷いながらやってるわけじゃない。

ガンガン黒板に書いていってガンガン説明すると。

 

 

親切だよね。

隅から隅まで、1から10まで。 

でもこの内容、自分達は学校でやってきたから理解できるのであって、英語なんて何も知らない中1の一学期でこれやられたらどうだろう?

 

  • 新しい教科
  • 新しい言葉
  • 新しい文法
  • 新しい単語
  • 新しい概念
  • よくわからん日本語

 

これらを一気に説明されるんだよ。

…マジで死ぬでしょ(笑)。

実際粒太は中学高校と同じ様な授業を受けて、死にました。(´д`|||)

 

 

 

 

英語は一部の授業に付いていける人達だけのもの

幸いにもその様な授業をしていた人はごくわずかであって、ほとんどの人は違ったけどね。

しかしながら裏を返せば、不幸にもその様な授業をする人は確実に存在するって事。そして1人あたり約30~40人の生徒×数クラスを受け持つと。

 

 

その人達にとってはこれこそが英語の授業であり、落ちこぼれなんて気にも留めてないのでしょう。

本物の先生ではないのに躊躇無く授業を進めるスキルを持ってるあたり、やっぱり相当に優秀な人(=挫折してきてない人)なんだと思います。

 

 

『ああ、こんな授業で英語嫌いになったなー(;´д`)』

というのが思い出としてではなく、目の前で展開されていたという現実。キツかったわ。

 

その日授業をやった先生役の学生全員が本物の先生になるわけでは無いけれど、情報の押し売りみたいな授業をする人だって先生になるかもしれないのです。

 

 

前時代的な授業のせいで、英語が一部の授業に付いていける人達だけのものになってしまう。悲しいよね(´・ω・`)…。

 

 

関連記事:

日本の英語教育なんて無駄のかたまり、と思っていたら目を覚まして欲しい - ☆アルパカンドリーム☆

 

 

☆目指せ明日のホワイトカラー!☆